Home > 学院長ブログ > 伝統食が「いのち」を伸ばす!

伝統食が「いのち」を伸ばす!

宝食➡豊食➡飽食➡崩食と「いのちの食」が崩れてしまった!

豊かさと共に、おいしさ(美食)を求めた飽食時代、安さの企業戦略での大量生産を

求めて食べれないものでも、添加物等で加工した崩食時代になってしまった!

気付いた人は、「何を食べたら良いか?」と情報を集めたが・・・・

健康情報は多すぎ(正反対もある)何がよいのか?とその時の流行にながされる。

簡単な方法は,私たち祖先が食べていたもの、「伝統食」風土食、郷土食を食べれば

良いのです。

食の豊食時代で「粗食」には抵抗があるかもしれないが、「素食」が健康になること

が健康の基本(基礎)であること認識してほしい。

日本人は「一汁三菜」の食生活であった!

それが日本人の「伝統食」あり玄米、雑穀(豆類含む)、菜食、小魚少々・・・

これからの高齢社会に「健康であること!」がさらに重要で大切なことになるでしょう。

 

 

 

Posted on 2015-05-19 | Category : 学院長ブログ | | No Comments »
関連記事
Comment





Comment