コース

■食養アドバイサーコース -初級コース-
食養アドバイサーの資格が取得できるコースです。

・子育てに食養を活かしたい
・食育を子供に伝えたい
・職場、学校、保育園等で食育を教えてみたい
・家族の健康が気になる
・食の情報が多すぎて自分では選べない
方にオススメです

・食養の基礎基本を学びます。

教  材:テキスト/教本
受  講  料:30,000円
受講時間:5時間程度

[講座内容]
・人間の食の歴史
・食環境の問題点と目指すべき方向
・農薬・食品添加物の解毒方法
・放射能と味噌力
・歯型から見るヒトの食生活
・食養の考え方
1食物至上論
2人類穀物食論
3身土不二論
4一物全体食論
5陰陽調和論
・食養の意義
・玄米植物食の多大な利点
・肉食の問題点
・牛乳
・脂肪酸
・油
・砂糖
・塩
・タンパク質
・食養法など
食養道アドバイザーコースのお問い合わせはこちら


食養士 コース -上級コース-
食養士の資格が取得できるコースです。
・食養のプロになりたい
・仕事に活かしたい、正しい食の知識を広めたい
・正しい知識を身につけたい • スキルアップしたい
・食養を自分自身のため、家族のためにしっかりと身につけたい
方にオススメです

 

・より深く、健康になるための知識と実践方法を学びます。
・少食、酵素、心と体のバランス。
・ヘルシーなカラダ作りへのソフト断食実践方法。

教  材:テキスト/教本
受  講  料:50,000円
受講時間:5時間程度

[講座内容]
・少食
・粗食
・断食
・アディポネクチン
・玄米植物食と断食の効果
・デトックス
・酵素
・ミネラル
・ファイトケミカル
・食物繊維
・腸内細菌
・ガン ・心と体のバランス
・サプリメント
・栄養素と非栄養素
・食環境の全体を考える

食養士コースのお問い合わせはこちら


【食養道学院の資格講座】

<食養アドバイザー>

・区分:食養 基礎

・内容:食養 基礎

・資格概要:食養を学ぶ

・受講時間:1日(5時間)

・試験:あり

・受講料:30,000円 (昼食別途)

・開催できる講座:なし

 

<食養士>

・区分:食養 上級

・内容:健康 知識、ファスティング

・資格概要:食養アドバイザー有資格者

・受講時間:1日(6時間)

・試験:あり

・受講料:50,000円 (昼食別途)

・開催できる講座:1dayセミナー、ファスティング講座

 

<食養指導士>

・区分:食養指導士

・内容:アドバイザー講座の開催運営

・資格概要:食養アドバイザー、食養士 有資格者

・受講時間:2日(10時間) / アドバイザー2回以上、食養士1回以上の再受講必須

・試験:あり

・受講料:50,000円

・開催できる講座:1dayセミナー、ファスティング講座、食養アドバイザー講座

 

<認定 食養士>

・区分:認定 講師

・内容:食養士講座の開催運営

・資格概要:食養指導士、講座開講経験者

・受講時間:2日(10時間) / 食養士2回以上の再受講必須

・試験:あり

・受講料:50,000円

・開催できる講座:1dayセミナー、ファスティング講座、食養アドバイザー講座、食養士講座

 


講座を受講くださった方々の感想をご紹介します。

現代食にはあまりにも多くの食品添加物がふくまれており、本当に「選食」氏なめればならない状況です。 沢山の食品は営利目的のために“体によさそう美味しそう”な宣伝文句を流し続けるため、個々が知ろうとする意識がなければ、私達の体は病気に蝕まれていく一方です。そんな中、「食養」に出会えたことに大変感謝しています。 女性として、一家に1人の食医となり、家族を支えていかなくてはなりません。 生きることは食べること、全ての病は口からということを肝に命じていきたいと強くかんじています。 自身の身体で体験することが一番良いと思ったのですが、やはり、砂糖を少しでも摂取を控えることで怠さがなくなりました。今までの頭痛やなんとなく力あ出ない、やる気が…といった問題は殆ど“食”で解決できる!そう確信しました。また 玄米を食べた日は力が出て集中力もUPしています。これからも実体験を元に植物食を実行していきます。

玄米は固いというイメージがあり、時々買って食べてみてはいるものの長続きせず…。 青米を知ってイメージは一転したのと同時に玄米についてもっと知りたいと思う様になりました。 今回食養の講座を通して食の大切さとその奥深さをしり考えさせられました。 今自分達がスーパーで並んでいる加工食品をあたり前の様に買っていますが、どんどん便利に楽になって行く事が、自分達の身体をむしばんでいくという恐ろしさを知り、勉強した自分達から、発信していかなくては!!と感じました。まず、できる事からやっていきたいと思います。